*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2016-01-07

淀みなき水流れるよーに。

 

 
 
 
 
こんばんは!
 
好位置にも!
 
高位地にも!
 
程遠い光一です!
 
 
 
 
 
















 
 
 
 
さあ、
自己紹介決まったぜ
 
2016年一発目のブログです!
 
 

 
 
最近なんか自分のブログに個性やトゲを感じられないなあと思う今日この頃。今年はもう少しワガママに書き殴れるといいなあと思ったり思わなかったり。それをもう今日ここで垣間見させようとするかもしれないし、しないかもしれないし。
 
 
 
 
 
 
 
それはそーと、
2016年ですね。
 
正月に、星座×干支×血液型で576位~1位に振り分けた「最強運勢占いランキング」を見てみましたよ。576位から順に見ていったんですが、探せど探せど「ふたご座×うさぎ×A型」が出てきません。
 
 
30位になってもない。
 
 
「お?俺もしかして
今年最強なんじゃね?」
と思いながら、
画面をスクロール。
 
 
1位になってもない。
 
 
「へ?」
 
 
 
見返してみたら
480位にありました。
 
そんな僕ですが、
まず、挨拶させてください。
 
 
本年もどうぞ
よろしくお願いいたします。
 
m(_ _)m
 
 
 
 
 
 
 
2015年、色々ありました。
 
 
 
・『あの街に桜が咲けば』
2014年程ではありませんが、1年間とにかく全国を回って、防災の重要性を訴えました。29県くらい?大切な人を誰にも失って欲しくない一心でした。
 
 

 
 
 
 
・ウガンダ渡航
2014年に引き続き、6月は仕事でアフリカへ。改めて感じてしまった価値観の差。自分を取り巻く全てが嫌になって。でも、命をもっと燃やしたくなった。
 
 『雨水の紅茶』 http://koichi-ogawa.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html
 
 

 
 
 
 
・カルカソンヌ日本選手権
去年10月に始めたボードゲーム・カルカソンヌで、日本選手権4位という結果を残しました。仕事だけじゃなく、くだらないと言われることにでも全力で情熱を注げる人でありたい。 http://koichi-ogawa.blogspot.jp/2015/08/2015.html
 
 

 
 
 
 
 
 
他にも、桜ライン311の植樹にカメラマンで駆け付けたり、陸前高田のまちづくりの策定委員に選んでいただき市役所の会議に通ったり。シェアハウスのみんなとグルメリポートをたくさん撮ってみたり、カルカソンヌのイベントを主催したり。色々ありました。
 
でも、2013年とか2014年に比べると、家でゆっくり茫然自失する時間もたっぷりあったような、緩急のある1年だったように思います。例えば野球でいえば、緩急があるピッチングをされるとバッターとしてはタイミングが掴みづらいわけで。もしかしたら僕も、タイミングを外すような言動で、人知れず周りの人に迷惑かけてしまってたんじゃないかってちょっと頭によぎったり。
 
 
 
そして、何より2015年は、大切な友人が二人立て続けに亡くなってしまった年となりました。毎年誰か知り合いや家族が亡くなりはするものですが、この二人がいま同じ世界に居ないのが途轍もなく悲しい。結構まだ立ち直れてなかったりする。
 
ただ、1人は僕にとって映像やデザインをもっと頑張りたいなと思わせてくれたキッカケの人であって。僕は絶対に中途半端になってでもこの2つは辞めずに続けようと決めている。それが生きた証になるなんて綺麗事を並べるつもりはないけど、僕はもっと彼らがまだ生きてるって心の何処かで思っていたいんだと思う。
 
6月のアフリカでも、仲良い友達って言う程じゃないけど、学校の女の子が1人、僕がいる時に亡くなった。そこの人たちは子供が亡くなってしまうことにかなり慣れた素振りだったけど、僕はやっぱり悲しくてたまらないよ。
 
2016年はどうかもっと平穏な1年であって欲しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと暗い文章書いてしまったけど、
僕は元気でやってます。
 
人よりちょっと
胸が張り裂けそうなだけ。
 
 
うん、
それでも2016年もまた奔る。
 
 
 
 
 
さっきの箇条書きしたやつでいけば、
 
 
 
 
・『あの街に桜が咲けば』
 
この映画における全47県上映がとうとう内定した。。
 
最後まで残ってた未依頼県が佐賀だったんだけど、クリスマスにいきなりメール届いて、サンタさんどんなプレゼントだよ!って思わず空にツッコんだ。そして涙がすげーーー自然に出た。
 
47県全てで上映できるインディーズ映画はホント数少ないということで。嬉し過ぎるなあ。沢山の応援してくださった皆さまに感謝いたします。
 
次回は1月24日、沖縄市消防本部。ラスト上映は3月21日、東京都多摩市にて。引き続き一つ一つの会場を大切に伺わせていただきます。
 
誰にも死んで欲しくない。それは災害も同じことで。僕が何か1mmでも動かせる未来があるなら。
 
 
  
 
・アフリカ渡航
 
これもこれで、クリスマスじゃないけど、新年の挨拶をNPO関係者に送った時に、サラッと2016年も渡航お願いしますって言われて決定。
 
まだ日程は決めてないんだけど、6月か、8月か。できれば一人アシスタントを連れていきたいので、去年は適任が見つからなかったので、今の時期から探してみたい。アフリカに行ったことない人。
 
僕の大切な弟分たちが3月でごっそりホームスクールを抜けるので、次行く時には現地の雰囲気も、子供たちの僕に対する全体的な心開き度も変わってると思う。
 
また新しい章の始まり。
 
 
 
 
・カルカソンヌ日本選手権
 
去年ベスト4に入れたので、シード枠として予選免除で本戦に出る。ゆえに、日本選手権には既に出れることが決定しています。選手権自体の日程はまだ決まってないけど、「2年連続ベスト4以上」という有言実行を成し遂げたいので、ちゃんと日程調整して出場します。
 
前回は繁忙期のめちゃくちゃなスケジュールの合間に日本選手権があって、ヤル気もなんだか出ず、だいぶ酷い状態で臨んだので、今年はもっと万全を期して臨みたい。
 
今年は強豪が前回以上に加わるので、楽しみでならない。くっそ強いプレイヤーとばちばちブチ当たりたい。
 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで2016年も2015年の続きのような1年になるかもである。2015年はある意味2014年の続きだったし、そもそも隣り合わせの年号な時点で続きなわけなのでお前大丈夫かって話だけど。
 
 
ただ、あのさくが打ち切られる3月21日以降は、アフリカに渡航すること以外では講演やそういう活動もなるべくせず、療養するつもりです。
 
僕の人生において、2010年くらいからずっとズルズル続いてる大きな淀みがある。これを整流させて、一度しっかりリセットしたいと思ってる。
 
そして、今年は何冊かの本を出版させてもらう予定だったりする。さりげなく発表。自分の見て感じて来たものをしっかり整理して、四方八方に散らかった思考回路をしっかりと整頓させたいと思ってる。そして今まで伝えたいと思って伝えてきたメッセージを改めてガツンと繰り出せたら。
 
 
 
 
 
それはそーと、
 
もうお気付きの方は
いるかもしれない。
 
僕が次に何を書くか。
 
 
勘がいい人はもうわかってるよね?
 
 
え?
 
 
 
 
 
 
 
そうです、
 
僕は2016年の目標、
漢字一文字で表すなら
 
「整」 
 
でいきたいと思ってます。
 
 
 
 
 
そういうこと。
 
 
 
 
 
 
 
療養する上で何処かに引っ越そうかなって考えてたりする。福岡とか京都とか山口とか。まあ、まだ時間はあるからゆっくり決めようと思います。
 
 
光一さんの2016年が飛躍の年になるようにって挨拶をされることがあるけど、なるべく飛躍しない1年にしようと計画しています。本を出す時点でもしかしたら、計画は既に狂ってるのかもしれないけど、それはそれで。淀みなき水流れるよーに。
 
 
 
 
 
ちなみに
 
僕が22歳の時に作った
むきだし映画
カンボジアエイズドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。』
 
2016年もまだ販売されてるようです。
 
まだ持ってない人はぜひ、
ゲットお願いします。
 
http://suy.ifdef.jp/
 
 
最近この映画、
高校とかの人権とか
保健体育の授業で流す先生も
ちらほらいるようなこと聞くので、
 
すごく嬉しい限り。
 
なんか意味があったらいいな。
 
 
 
 
 
 
 
そんな感じで。
 
 
遅くなってしまいましたが、
2016年始まりの
挨拶的ブログでした。
 
最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
小川光一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============