*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2014-09-17

10年後の自分が10年後の自分を嫌いにならないように


  
こんにちは僕です!
実は今頃ネパールで取材してる予定だったんですけど急遽渡航中止になっていつもと同じ街の空気を吸ってる僕です!
キャンセル料と人間不信量だけ
換気できず

体内を漂ってる僕です↓
切り替えて張り切っていく!
  
  
   
  
     
そんな今夏ですが、
夏の終わりですが、
森山直太朗ですが、
良い話も幾らでもあって。

  
例えば、
この度は僕さりげなく
47都道府県制覇しまして。
パチパチ。

  
2010年3月の大卒時なんて
15県しか行ったことなかったのに。

修学旅行で行った沖縄を除けば、
兵庫より西に行ったことさえ
一切なかったのに。


以降、講演の依頼が沢山来るようになって、講演の依頼が永遠と来なさそうなところはピンポイントで弾丸旅行して、やっとこさ、47番目の地、石川県を訪れまして。










講演の数はこの前数えさせられたら軽く3桁超えててびっくりしたけど、それだけ全国に知り合いが出来たわけで、目に映る景色が見違えたわけで。


各都道府県に知り合いが10人50人100人いるって正直凄いことだと思うんですよね。そうそう何処の県にも大切な人がいるってないこと。



出会ってくれた皆さんには
ホント感謝しかないです。
ありがとうございますo(^_^)o


  
これからもがんばっていくので、
どうぞよろしくお願いします。



ありきたりな言葉しか
出て来ないけどね、



ほんとそれだけ。










唐突ですが、


いま今更の大学院進学とか、
就職とか起業とか
今と違うレールへのチェンジ
を考えてます。


とりあえず
今の態勢でズルズルはもうなし。


理由は話せば長いけど
平たく言ってしまえば、



「10年後の自分が
10年後の自分を
嫌いにならないように。」



この感情ですね。




なので、

『あの街に桜が咲けば』を
<(一旦の)最後の闘い>
と思って

実は今取り組んでます。




進むベクトルは今後も変わらないけど、
レールを変える。
 
 
 
  



 
 
 
 
さて、

そんなこんなで、
さりげなく1ヶ月で
体筋肉率を増やしながら
体重6kg落とした僕ですが、


これから1年くらい、
改めて気合い入れて
ギラギラ行かせてもらいます。


あ、あと、毎月の東京滞在日数も
月辺り15日前後に戻ってきたので
11月からシェアハウスに
戻ることにしました。



知る人ぞ知る個性最強の
イケメン変人が揃うシェアハウス。



全国の皆様、
就活なり何なりで
泊まるところに困ったら
連絡ください。



人生に迷ったら
相談に来てください。
何もなくても
遊びに来てください。



鍋の時期が到来するしね。



へえ、
それにしても、
内容ぐちゃぐちゃな記事。



話題1個ずつで
書けばいいのに笑。



最後に。






 
 
  
 
トーンは真面目に戻しまして。
最近の僕がよく口にする




「人が死ぬのが
とにかく嫌なんで」



それは第三者だろうと
目の前の大切な人だろうと
嫌で仕方ないのですが、



その感情が
心の芯で疼くから、
僕は防災も国際も動いてる。




どっちの活動をしてても
信条にブレはない。


大学4年生の時に作詞作曲した曲の歌詞の一節に(さりげなく音楽もくそ下手なりにしてる)、



「悩める夢があるなら
痛める心があるなら
行かなくちゃ 進まなくちゃ」



そんな言葉を僕は綴ってる。




変わらない想いと共に
進み続けることに変わりはない。



ただ、
防災も国際も両方同時進行なんて

甘いことはいってられない

そんなところはある。





どっちも生涯通して
やるんだろうけど、

片方に絞って
突き詰めていく道を
一旦決めなきゃいけないと

そう思ってます。




ズルズルするのは良くない。
それを頭で分かってるなら
もっと良くない。





皆さんは
自分が生きたいように
生きてますか?



押し殺して
そのまま失いかけてる
大切なものは
ありませんか?



現実見ろよとか、
「現実見えてないのはどっちだよ」
的な発言をしてませんか?



10年後の自分が
10年後の自分を
嫌いにならないように。



この感情を大切に、
僕は今選ぶ道を
積み重ねていきたい。





      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============