*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2016-06-27

僕はヒマワリにはなれない


 
 
 
こんばんは!
ご無沙汰してます光一です!
 
 
本日は先日講演させていただいた話と、全国各地で僕の本の設置運動がある件について*
 
 
 
まず、一昨日6月25日(土)、
横浜の洋光台にて講演をしました。
 
映画『あの街に桜が咲けば』打ち切り後、
初めての講演です。
 
この2年間、47県で200回近く講演してきた僕ですが、
3ヶ月振りの講演です。
 
 
 
来場者は約60名ほど。
たぶん全員洋光台に住む
地元の方だったと思います。
 
防災士としては異質かもしれないですが、アカデミック(学問性)のある話にとどまらず、結構な時間を割いて、ナラティブ(物語性)を意識した話をしました。
 
ご来場くださった皆さまありがとうございました!
 
 
そして、貴重な機会をくださった運営の方々に感謝です!
来場者全員の感想をまとめた冊子花束を頂くとは、
とてもうれしかったです。
 
 
ちなみに約60人の来場者だったのに、15冊持っていった僕の本( http://amzn.to/28WXx3Q )は5分で完売しました…4人に1人ってすごいよ…
 
 
一昨日を境に、少しでも
洋光台の防災力が上がりますよーに*
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
本『あの街に桜が咲けば』発売から
約2カ月が経ちました。
  
沢山の人が
 
「買ったよ」
「読んだよ」って
教えてくれて、
 
素直にうれしく思います。
 
 
 
  
そして、
自分の母校やお店
地元の図書館などに 
 
 
この本を寄贈する形で
置いてくれる方もいるみたいで。
 
 
福井市なんて
福井市全ての図書館に
寄贈してくださった方がいて。
 
本当にありがとうございます。
 
 
 
一覧はこちらで見れますが、
僕が把握できていない場所も
結構あるみたいなので、
 
ぜひ置いてある場所
知ってたら教えてくださいね。
 
本『あの街に桜が咲けば』を置いてくださっている場所 http://koichi-ogawa.blogspot.jp/2016/05/blog-post_3.html
 
 
 
 
 
 
 
1人で日本全国回って、
 
1人でこの本書いて、
 
1人でメッセージ伝えようとして、
 
 
そんな風にもし
1人で闘っていたら、
 
 
もっと早い段階で
潰れていたと思います。
 
 
やっぱりそんな簡単に
みんな防災してくれないし。
 
 
 
 
 
だから、
 
1人で闘っている側面は
もちろんあれど、
 
色んな形でサポートしてくれる
皆さまに感謝で一杯です。
 
 
ゆかりのある場所に、
僕の本を届けてくれるだけでも、
 
「1人で頑張ってるんじゃない」って
めちゃくちゃ思わせてもらえてます。
 
ありがとう。
 
 
 
 
 
 
 
さすがに3日に1日ペースで2年間47県回り続ける生活は疲れたので、これからは思いっきりペースを落とさせてもらいます。それをやってのけてる人たくさんいるから申し訳ないけど、僕はそういう人にはなれない。強い感受性がそうはさせてくれない。でも、これからも1人でも多くの人が防災してくれるように、色んな方向からアプローチできればと思ってます。
 
引き続きよろしくお願いします*!
 
 
 
 
 
小川光一
 
 
 
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============