*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2013-03-05

確実な大きな一歩


2013年3月3日、アメリカの医療チームが
母子感染によってHIVと共に生まれた新生児の治癒に
初めて成功したというニュースが昨日流れた。
  
新生児への抗レトロウイルス薬投与を生後30時間以内から開始した。
今までの事例からすると大きな賭けにも思えるこの行為は1歳6か月まで継続。
  
29日目にウイルスは消滅し、2歳半になる今、陽性は出ないという。
  
  
ウイルスが完全に撲滅できたわけではないそうですが、この治療法でウイルスレベルは通常の薬剤治療を行う必要がない程度まで下がるという見解がある。
 
 
 
これは確かな大きな進歩。
  
  
ウガンダでHIV遺児の支援をしたり、
カンボジアでHIVに関するドキュメンタリーを作ったり、
  
何かとHIVに縁のある僕は
このニュースを見たとき思わず右手を握り締めた。
 
 
別にHIVの問題をどうにかしたい人間ではない。
どちらかというと水問題に興味があるし、
今は東北に住んで復興を目指す人達のサポートをしている。
 
 
 
でもHIVは僕にとって明らかに他人事には思えない問題です。
 
 
 
HIVによって苦しむ人、
 
 
悲しむ家族が
 
 
1人でも着実に減って欲しい。
 
 
 
 
 
小川光一
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============