『15ヶ月ぶりの独白 〜僕がブログを書かなくなった理由〜』

 

 

 
どーも!ご無沙汰してます、
好位置にも高位地にも程遠い光一です!
 
皆さん元気にしていますか? このブログは敢えてSNS告知なしでいくので読む人がひと握りの記事になるかと思います。読んでくれた時点で、あなたは僕の秘密を知る数少ない知人友人となります、わーい(/・ω・)/
 
 
ってことで、15ヶ月も放置していたブログにやってきました。
  
 
(15ヶ月ぶりってことはだよ…僕は「去年のあけまして」さえ言ってないんだよ…笑)
 
 
 
 
さて、今回は僕がブログを書かなくなった理由をここに残しておこうと思うのですが、
 
そもそも「新しい本を出版したのに、それを報告するブログさえ書いてない」という、この由々しき状況です。
 
 
(商売っ気もう少し持てよ…って我ながら思うよ…笑)
 
 
なので、まず初めに!
この1年3か月で起きたことを
一部箇条書きにしたいと思います!
 
 
 
 
 
――――――――――
 
・北欧移住プロジェクトが始動?
 
3ヶ月前の話ですが、デンマーク、スウェーデン、フィンランドを年末年始に巡ってきました。2020年の新年は、デンマークの首都コペンハーゲンで迎春。
 
 

 
教育や福祉、気候や人種、色々思うことだらけの滞在でしたが、それを書き出すと凄まじい文量になってしまうので、機会があればぜひ直接聞いてください。
 
さらっと一言だけ書かせてもらうと、
 
移り住んでみたい

ってここ数年で
本気で思うようになっています。
 
5年〜10年後を目標にがんばります。
 
――――――――――
 
 
 
 
 
――――――――――
 
・大阪府民になったで
 
 
実家がある東京を離れて数年。
 
2019年5月から
なんと今度は大阪に引越しました!!
 
伊丹空港も新大阪駅(新幹線)もすぐに行ける位置に住んでいるのでアクセス的には最高です(/・ω・)/
 
 
とはいえ、もうすぐ住んで1年になるのに、やっぱり大阪と自分がなかなかフィットしません(笑)。「大阪の光一?違和感しかないなあ」と多くの人に言われます。
 
(そんなの言われなくてもだよ…自分が一番よく分かってるんだよ…笑)
 
 

 
でも、よほどのことがない限り、もう1年は住む予定です。大阪に遊びに来る予定がある人はぜひご連絡くださいませ。ちなみに今のところ大阪で一番楽しかった場所は「ハーベストの丘」です。カピバラより犬派です。自然に感謝。
 
――――――――――
 
 
 
 
 
――――――――――
 
・カルカソンヌとペンギン
  
 
くだることは
誰でも頑張れるわけで。
 
くだらないことに
命を守る燃やせてこそなわけで。
 
  
という持論の元、一生懸命に挑戦してきたボードゲーム「カルカソンヌ」。去年のカルカソンヌ日本選手権は、約70名→8名に絞るフェーズで、ぎりぎり9位敗退となりました
 
2015年 4位入賞
2016年 2位準優勝
2017年 12位
2018年 17位
2019年 9位
 
(なかなか1回目2回目の成績に近づけないよ…そろそろ引退だよ…)
 
 

 
 
そんな中、
「アイスクール」という別のボードゲームの日本選手権にも去年参加してみたところ、なんと、アイスクール日本選手権2019準優勝を果たしました。
 
(どのボードゲームでも日本2位だよ…金メダルが取れないストームにハマってるよ…)
 
 
これからも趣味も充実させながら
楽しく生きていきたいですね(/・ω・)/
 
――――――――――
 
 
 
 
 
――――――――――
 
・いつか君の花明かりには2019
 
 
僕が作った防災ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』。その後も、日本中から依頼をもらって上映&講演しています。
 
ブログを書かなかったこの15ヶ月も、
 
大阪,愛知,東京,静岡,広島,山口,熊本,徳島,福岡,京都,長崎,神奈川,長野,滋賀,岐阜,福井,島根,兵庫,佐賀,山形,宮城,栃木,岡山,富山,宮崎の25都府県 合計61カ所にぐるぐるびゅーんと行ってきました(/・ω・)/
 
9月には東京にて、映画出演者も勢揃いのオールスター上映をしたりもしました。
 
 

 

 
そして、そして、
この映画の書籍版が、
去年の春に出版されたのです。
 
映画内容、未公開インタビュー、
製作の裏側などを盛り込んだ一冊です。
 
現在は、一部の上映会場かAmazonさんで販売されています。ペーパーバックというやつが実物の本です。僕の全力の想いが見れます、よかったらぜひ。
 
 
いつか君の花明かりには~大切な人を守るための防災ハンドブック~
 
紙の本版
https://amzn.to/2PkbvS6
 
電子書籍版
https://amzn.to/2PrFSq3
 
 
これからも引き続き、
仕事の依頼がある限り、
いつはな周りの活動がんばります。
 
誰かが「災害で命を落とす瞬間」を
1つでも減らせますように。
 
この映画が、この本が
その力になれますように。
 
 
――――――――――
 
 
 
 
 
さてさて、
近況報告もキリがないので
このくらいにしておきます。
 
 
今回語るべきテーマは「僕がブログを書かなくなった理由」です。そして、「僕がブログを今後も引き続き書かない理由」でもあります。
 
 
 
実はこれから
 
 
「小説(フィクション作品)」を
気が狂うほど書いていくことにしました。
 
 
 
社会を変えたくて、今までノンフィクション作品ばかりこの世に残してきたけど。「そこに限界を感じた」という気持ちが大きいです。
 
 
これこそ去年ブログに書くべきだったのですが↓↓
 
 
僕は「社会問題に命をかける」と決意してから、去年9月に10周年を迎えました。
 
魂を削りまくる日々。
小さかったかもしれませんが、
何かしら意味ある傷跡を
この世界に残せたと思います。
 
 
 

 
 
けれど、
10年間の日々
一番突きつけられたのは
 
「真面目なことを、真面目な形で伝えても、真面目な人にしか伝わらない」ということでもありました。こうやって言葉にするのは簡単ですが、この10年間、本当にしんどい闘いを続けてきたなあと我ながら辟易とします。
 
 
日本には、世界には、
数えきれない程の社会問題があって。
 
気付いた人から動けばいいけど
気付いた人たちだけで動いても
世界はなかなか変わらなくて。
 
超無関心層にこそ、
それらに向き合ってもらいたくて。
  
 
 
その点に悩まされた結果、社会問題に向き合う人を増やすために、エンターテイメント側から壮大な遠回りをすることを決意したという感じです。
 
 
一つ誤解のないように言っておくと、これからも仕事の依頼がある限りは、ノンフィクションな社会活動も同時並行でがんばるということは明言しておきます。あくまで仕事の依頼がある限り、ですが。
 
ノンフィクションな社会活動がすべて無駄だったかと言われると、決してそんなことはないと思えるからです。「僕の作品や言動で突き動かされてくれた人が、日本中にたくさんいる」ということを知っているからです。
 
ただ、同時進行でこの途方もない挑戦にも挑もうと思っているよ、という話です。
 
 
 
 
ちなみに、小説は今のところ1冊だけ
小川光一名義で既に出版されていますが
 
「光一さんはこんなことを考えてるのか」
みたいな勘違いをされる機会が爆増して
 
(それは登場キャラの発言だよ…俺の考えじゃねえよ…)
 
 
「ノンフィクションな社会活動している小川光一にとって、小説は少しばかり相性が悪い」ということに気付きました。
 
 
なので、
 
名義を誰にも教えずに、
小説は別名
でやっていくことにしました。
 
ペンネームってやつです。
どんな親しい人にも明かさず、
ゼロからやります。
 
 
いつか有名になれた時に、「これもしかして光一じゃね?」と気付いてもらえたら、個人的に嬉しく思います。
 
なお、「なんで小説?劇映画じゃないの?」という疑問が浮かんだ人もいるかもですが、更に長くなってしまう話なので、「その理由は謎」ってことにしておきます。
 
 
 

 
 
 
そんなこんなで
僕がブログを書かなくなった理由、
この辺りにあります。
 
 
(やっとかよ…ここまで長過ぎなんだよ…笑)
 
 
SNS投稿が昔より全体的に減少しているのも関係しているんだけど、「アウトプットがもったいないと思う瞬間が増えた」という点が大きいです。
 
 
小説を書いていくと決めた頃から、「自分の頭に浮かぶあらゆる言葉はすべて、これから書く物語の中に落としたい」と思うようになったのです。
 
  
 
綺麗な理由じゃないけれど。
 
永遠と言葉が溢れてくるような、
僕にはそんな自信がまだないから
こんなことを思うんだと思う。
 
 
ブログやSNSで発言する度に
 
「フフッ、お前の言葉を
また一つ使いづらくしてやったぜ」
 
って得体の知れない誰かに、脳内に広がる言葉の宇宙から、少しずつエネルギーを吸い取られている気分になるのです。
 
 
 
芸人&作家である又吉直樹さんが昔、クイズ番組でピンポンって押した後に、「今思い付いたこの答えめっちゃ面白いな、コントのネタにできるな、でも今ここで回答したら使えなくなるな」みたいに思った末に、無言になったことがあるって言ってたんですけど。
 
ピンポン押したのに何だお前とみんなにいじられたor引かれたであろう又吉直樹さんですが、その行動に今となってはとても共感します。
 
 
 
 
 
 
そんな感じで、
ブログを書かなくなってますよ
 
という話でした(/・ω・)/ 
 
 
「想いの部分や僕らしいフレーズをそぎ落として、お知らせや出版情報だけブログに書けばいいじゃん」とも思ったんだけど、それだったらTwitterやFacebookで事足りてしまうから一層、にね。
 
 
 
途轍もなく脈絡もない
謎の長文ブログになったけど。
 
自分の脳内にある「理由」を
すべて語れた気もしないけど。
 
少しでも
僕の中にほとばしる何かが
伝わっていたら嬉しいです。
 
  
しんどい道のりですが、自分の可能性を信じて。そして何よりも、自分の可能性を信じてくれる人を信じて。努力していきます。
 
 

 
 
ではでは!
また会う日まで!
 
最後まで読んでくれて
ありがとうございました!!