*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2014-09-02

夏の終わりに思い出す

 

 
 
水芭蕉揺れる畦道
肩並べ夢を紡いだ
流れゆく時に
笹舟を浮かべ
 
焼け落ちた夏の恋唄
忘れじの人は泡沫
空は夕暮れ
 
 
 
 
 
って感じでこんにちは!
小川光一です!
 
 
いよいよ
夏も終わりますね。
 
 
 
 
 
 
 
夏の終わりと言えば。
 
 
森山直太朗『夏の終わり』ですね。
これを聴かずには夏は終われません。
(反戦歌らしいですけどね。)
 
 


 
 
 
 
  
 
 
そして、
 
夏の終わりと言えば、
 
毎年思い出すことがあります。
 
 
  
 
 
2008年夏
スペイン旅で死にかける
 
 
2009年夏
インドネシア旅で死にかける
 
 
2010年夏
カンボジアエイズドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。』
完成
 
 
2011年夏
国際協力カフェ
『INSTEP LIGHT』
オープン
 
 
2012年夏
同カフェ閉店
シェアハウス始める
(そのあと出る)
 
 
 
 
 
去年と今年は幸いか特に強烈なことはなかったんですけど、この5年間の夏が自分の人生を大きく揺るがす想い出ばかりで、大体8月末or9月始めのことなんですけど、この時期に思い出してしまうのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2年前の今朝なんて、
とくに鮮明で、
 
国際協力カフェを引き払った日。
 
 
 
そしてその日の内から
シェアハウス生活を始めた日。
 
 
 
 
 
あれから2年が経って
 
カフェがあった場所まで
先日また行ってみた。
  
 
 
 
 






















 
 
  
なんともいえない感情。
 
 
 

「あいつ元気してるかな?」とか
 
 
「あのこは今何してるんだろ?」とか
 
 
 
 
たくさんの顔が
思い浮かんでは消えた。
 
 
 
 
 
このカフェに
少しでも関わった人たちが、
あのカフェがあって、
誰かと出会って、
何かが変わって、
この2年間があるって、
 
1人でもそう
思ってくれてたらいいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなこんなで、カフェ閉店してから陸前高田により多く滞在するようになったものだから(東京に戻っても映画の編集作業だったから)、映画公開の最近までほとんどの人に会わない日々だったけど。もっと沢山の人に再会できたらいいな。
  
  
 
 
 
もうちょっと頑張ろう。
 
いつかと同じ風吹き抜けるまで。
 
 
 
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============