*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2014-04-25

僕の音楽大図鑑




こんにちは!
小川光一です!
  
 
いつも東北の話orアフリカの話で
真面目くさってる僕なので
たまには楽しい話題を書きます。
 
きっと必要ですよね?
 
 
 
 
 
よく意外と言われますが、僕は音楽(特に邦楽ロック)にだいぶ昔から熱中しておりまして、有名なバンドから、超無名のインディーズロックバンドまでウルトラ詳しいんです。(自称)
 
あとウルトラへたくそだけどギター片手に路上ライブやバンドをやっていた時代もありまして。
 
 
 
 
 
ということで今日は!
 
最近はまってるかつ
あんまりまだ知られてないアーティストを
列挙したいと思います。
 
 
 
 
 
 
まずはこちら。
 
 
たぶん知ってる人も多いと思いますが、
[Champaine]を最近改名した[Alexandros]。

 
確実にブレイクすると思います。
  

  
[Alexandros] -
 Run Away 



   
[Alexandros] /
 starrrrrrr feat. GEROCK


 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
とりあえずスマホの曲がこの頃
立て続けに出てるのでセットで。
 
 
 
グッドモーニングアメリカ
 「キャッチアンドリリース」


  
  
  
 
KANA-BOON
 『ウォーリーヒーロー』
 
https://www.youtube.com/watch?v=I8ZD_6hYElE
 
(なんか上手くリンクをキャプションにできなかった)
 
 
 
 
 
キュウソネコカミー
「ファントムヴァイブレーション」
  

 
  
  
 
こうやって見ると
完全にキュウソネコカミのインパクトダントツですね。
  
キュウソネコカミの問題児具合は最強です。
スマホはもはや俺の臓器。
 
 
 
 
キュウソネコカミ -
 ビビった
 

 
 
 
 
 
 
 
 
あとは女性ボーカルでいくと
この2バンドもよく聴きます。
 
 
 
パスピエ -
 MATATABISTEP
 

 
 
 
アカシック
「ツイニーヨコハマ」
 

 
 
 
YUKIや椎名林檎を昇華させたような
耳に残る中毒性がすごい。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
逆に男女の2ボーカルだと
この2バンドがお勧め。
 
 
 
シナリオアート 
『ホワイトレインコートマン』
 
https://www.youtube.com/watch?v=cI_NIP2Au0c
 
(リンク上手くキャプションにできなかった)
 
 
 
 
 
0.8秒と衝撃。
「ビートニクキラーズ」
 

 
 
ビートニクキラーズって曲を
初めて聴いた時の衝撃はやばかった。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
あと、せっかくなので、僕の友人たちの楽曲も。
友達びいきしなくても凄い良い楽曲ばかりです。
 
 
 
Vo&GtとGtの2人が友達ー
Brian the Sun 
"ロックンロールポップギャング"
 





Voが仲良い友達ー
みみめめMIMI「瞬間リアリティ」



  

  
Vo&Gtの人が知り合い程度。めっちゃ好きなバンド!!
butterfly inthe stomach
スパーキングウェンズデイ LIVE ver

.




  
butterfly inthe stomachのVo&Gtが参画してるバンドー
ザ・チャレンジ
 「お願いミュージック」 
 
https://www.youtube.com/watch?v=TiGTLGefTqo
 
 
(たまに上手くキャプション出せない)
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

 
 
他にも大好きなバンドあり過ぎてきりがないけど疲れるまで書く!!
 
 
 
タンバリンを首から下げて歌うアルカラ。「半径30cmの中を知らない」って曲が凄い良い。
 
アルカラ -
 キャッチーを科学する
 

 
 
 
 
友達が友達だってよく言うから割と近い存在ではあるSUPER BEAVER。「Rule」って歌がツボ過ぎてやばいんだけど「ささやかな」って曲が映画『ソラニン』の中で採用されたことで有名。
 
SUPER BEAVER - Rule
https://www.youtube.com/watch?v=qEsjgjHHR1k


 
ささやかな ソラニン/ROTTI
 

 
 
 
 
本来ならあんまり好きじゃない系統なんだけど何故か何度も聴いてしまうKEYTALK。ダブルボーカルで片方は僕みたいに頭半分金髪をたまにしているみたいで親近感。
 
KEYTALK "fiction escape" 


 
 



さよなら、また今度ね。っていう名前のバンド。さわやかっぽい感じで最近メジャーデビューしたけど、本来は結構狂ってるバンドなので、動向に注目です。
 
さよなら、また今度ね「僕あたしあなた君」【MV】
 

  
 
 
 
北海道出身でまだ21歳とかの個性軍団。なんかブルーハーツとか太陽族、ジャパハリネットみたいな一昔前のいわゆるロック、って感じが凄いんだけど、ボーカルのカリスマ性がそれをネオにしている。さりげなく注目してます。
 
爆弾ジョニー 『なあ~んにも』
https://www.youtube.com/watch?v=OjgNw75RYa4
 
 

 
 















 
 
 
 
 
そして、最後に紹介するのが
 
「それでも世界が続くなら」。
 
 
僕けっきょく冒頭で音楽やってたって書きましたけど、なんか、こう、特定の誰かが救われるんじゃねえかなって、そういう歌を歌いたかったんですよね若い頃。それをこの「それせか」はまさしくやってくれてるんですよね。本当に感謝して止まないバンドです。
 
 
 

それでも世界が続くなら

「参加賞」



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つかれた!
 
 
 
やることだらけで追い込まれてる人が書くブログじゃねえw
 
 
 
 
 
 
 
 
まあなんだかんだ言っても
 
RADWIMPSとUVERworldが不動です。
 
 
 
この2つはこの2つがまだ無名で全然お客さんが居なかった頃からの僕ファンなので、10年以上好きってことになります。ここまで有名になるとは思いもしなかったけど、本当に良かったと思います。「有名になって冷める」って気持ちも分からなくないけど、そんなファンはファンじゃないよね、当人たちからしてみれば。
 
 
 
UVERworld 『AWAYOKUBA-斬る』
https://www.youtube.com/watch?v=VvCuJRKj32E
 
ちなみにこの曲があまり知られてないけどお気に入り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そんな感じで
このブログ書いてたら
昼休み終わっちゃった!笑
 
 
あと30バンドは紹介したいんだけどなwww
 
全部聴いてくれた人なんて
さすがにいないと思うけど、
お付き合いくださって感謝です。
 
 
 

では、仕事に戻ります!
 

 



小川光一
 
 
 
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============