*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2013-04-23

黙々




こんばんは!
小川光一です!
 
 
東京に帰って来て2日目。
 
 
 
 
昨日早速に
 
映像編集してたら
 
 
とある諸事情で
今年で一番の情緒不安定になって。
 
 
 
そもそも安定感が売りなところがあって
そんな僕が珍しいことで。
 
 
 
 
 
今は様々な思考を経て回復。
 
今晩から映像編集を再開します。
 
 
 
 
特定の人間に対するこの怒りは
形而上にすり替えることにする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NPOの代表だろうが
 
 
夢見るニートだろうが
 
 
会社の社長だろうが
 
 
しがないサラリーマンだろうが
 
 
関係ない。
 
 
 
 
 
それ以前の話。
 
 
人の痛みに気付け
 
 
自分の欲望で動いてんじゃねえぞこら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕も誰かを傷付けてしまう時はあるし
 
誰かに傷付けられてしまう時がある。
 
 
人は傷付け、傷付けられ、
その度に痛みに対する共感域を広げていく。
 
 
 
昔いじめられた人が
いじめられっ子の気持ちを分かるように。
 
 
 
昔命を絶とうとした人が
死にたいと思う人の気持ちが分かるように。
 
 
 
 
 
 
 
 
勿論のこと
人それぞれ状況や環境は違い、
 
誰かの悲しみは
誰かの悲しみであり、
 
似たような悲しみはあれど
当事者だかなんだかには成り得ない。
 
 
 
 
 
1つとして同じ形骸の傷口は
世界に存在しないかもしれない。
 
 
 
 
 
それでも、
 
 
それを人間の想像力は
時として超えられるって信じたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
想像力の正確性を磨くということ。
 
生半可なことじゃないけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
話が支離滅裂になりそうなのでこの辺で。
 
 
 
 
 
ありったけの怒りをエネルギーに変えて
黙々と映像編集を続けます。
 
 
 
 
 
お邪魔しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============