*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2013-01-17

1mmだけでも、もう少し近くで




 
阪神淡路大震災から今日で18年。
 
 
 
火が消え去ったあとは
きっと今日みたいに凄く寒かったんだろうな。
 
 
 
 
ご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪神淡路の教訓を
東北で活かせたのか
 
 
そんな話をよく聞くよ。
 
 
 
 
 
きっと次に大地震が起きたら
東北の教訓を活かせたのかって
 
そんな話を僕は聞くんだと思う。
 
 
 
 
 
その繰り返しが嫌だ。
 
教訓はもう揃ってるはずなのに
 
次に地震が起きる町の人たちの多くは
他人事のように暮らしているかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
防災や減災について学び動く今、
後世に伝わって欲しいことが山ほどある。
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ2013年最大の任務が動き始めてます。
 
 
僕がこの2年間に
岩手県で出会った大切な人達に
お力添えしたい。
 
1mmでも、もう少し近くで。
 
 
 
ここまでの長期滞在は
きっと今後なかなか機会が作れなくなると思う。
 
全身全霊を込めて毎日を全うするのみです。
 
 
 
 
 
 

先日行われた陸前高田市川原町の伝統行事
「秋葉権現川原獅子舞」の写真

 

























 
 
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============