*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2012-07-31

カウントダウン~君がさよならと言う日まで~

※旧ブログ「光を束ねて。」(アメブロ)に
2012年投稿された記事の中から一部を転載しております。
 
  
 
お疲れ様です!
 
光一です。2週間くらい前に
頭半分金髪を黒髪短髪にしました。

 

この変貌にはみんなビックリしていて、
私服でカフェに居ても常連さんが俺をスル―しちゃうくらいでした(笑)



さて、
もう今日で7月も終わりです。


1年前の今頃は
「それでも運命にイエスという。」日本一周上映会の東北特別上映をするために
1泊4日で東京→秋田→山形→仙台→東京の弾丸ツアーをしていた時期です。


それで8月1日の早朝に東京に着き、
そのままこのインステップライトというカフェの着工に入ったんです。

1ヶ月ひたすら朝から晩まで電動ドリルしたり、ペンキ塗ったり。
9月1日のグランドオープンに間に合わすために必死だったのを覚えています。





あれから1年。

インステは1年1ヶ月の歴史に
来月末ピリオドを打ちます。



今まで350回くらいのイベントが行われてきました。

通常営業も含めて
たくさんの出会いや事件がありました。


想い出が止めどなく溢れて
今はとんでもなく気持ちに整理がつきません。





カフェ閉店の発表から3週間ちょっと。

反響はすさまじいものでした。

ひたすら電話は鳴り止まなく、
沢山の「怒」と「哀」を一身に受けました。



今となっては励ましのメールや電話が絶えなく、
手紙さえも沢山頂きます。

びっくりすることにアメリカやヨーロッパからも手紙が届きます。

更にはカフェの名前を1文字で良いから欲しい
という同業者までいます。





よくよく考えてみれば
普通は飲食店が潰れるってなったところで

「へーあそこ潰れるんだ」「大変だねー」で終わると思うんです。



この反響は異常なのかもしれません。



Twitterでもお店のアカウントは飲食店にもかかわらず、
フォロワーは3000人に到達します。


アプリやプログラムを使って
何万というフォロワーがいる飲食店のアカウントもありますが、
それに比べたら本当に密度の濃い3000人です。





んー。



「ありがとう」


「申し訳ない」


この2つの感情が同時に溢れて溢れ過ぎて混ざり合って
もう訳分からなくなってるのが正直なところです。





それだけの場所を作ることができた。





それだけの場所を潰さないといけない。





胸が痛いです。





張り裂けそう。










いよいよラスト1ヶ月。



8月25日・26日に行われる
「30時間!300人チャレンジ!」
が最終営業日になってます。



是非それまでもこの日も
遊びに来てもらえたら嬉しいです。






あと1ヶ月。あと1ヶ月。
まだ生まれる出会いや可能性はあるって信じています。









光一
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============