*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2012-05-08

宇宙に意志があるとして

※旧ブログ「光を束ねて。」(アメブロ)に
2012年投稿された記事の中から一部を転載しております。
 
 
 
小川光一です。
 
 
GWいかが過ごされましたでしょうか。
 
変わらず僕はカフェ三昧でした。
 
 
 
 
いやー
5月8日ですね*
 
 
 
 
今日は僕にとって特別な日。
 
 
 
 
フォトジャーナリスト佐藤慧
 
 
アルスコンビネーター矢萩邦彦
 
 
この2人と初めて出会った日なのです。
 
 
 
 
 
厳密に言うと
2010年5月8日は
 
 
慧と矢萩さんが初めて出会った日でもあり、
 
 
僕と慧が初めて出会った日でもあり、
 
 
矢萩さんと僕が初めて出会った日でもあるという
 
 
まさにXデ―なのです。
 
 
 
 
頭のOS(言うなれば思考)が
ここまで似ていると感じた人は
過去にも今にも居なく
 
 
 
同日にいきなり3人が出くわすなんて
 
 
「宇宙意思が働いたとしか思えない。」
 
 
ということで
 
 
 
3人で、5月8日のことを
 
 
宇宙意思が働いた日 
 
と呼んでいるのです(笑)。
 
 
 
 
 
 
あれから2年。
 
 
2012年5月8日に
 
 
3人で対談イベントを企画しよう
と前から話していたのですが予定が合わず、
 
 
せめて今日3人で深夜にUstream番組やろう
と先週から話していたのですがそれも流れ、
 
 
結局会わずに1日が終わる感じです(笑)
 
 
 
宇宙意思的にはそういう流れみたいです。
 
 
 
 
 
 
時に交わりながらも
 
 
3人が各々の人生を劇的に歩んで来て
 
 
今に辿り着いて
 
 
年齢も実力も一番下っ端の僕としては
思うことも沢山あるのですが 
 
 
激動のようで
まだ2012年なんだなって。
 
 
 
 
 
あと5年以内に2人を超えようと思います。
 
 
 
 
  
 
 
今は正直余裕がなくて

 
沢山の人に迷惑をかけてしまう状態が本当に辛いけど
辛くて耐えきれないけど


なんとか乗り越えなくちゃいけない。 



これから1年間懸けて、
 
大切な想いや場所を
大切にしていける環境や自分を
どんどん作っていきます。

 
 
 
 
誤解もされるし
自分の進む道への葛藤もある。
 

それでもこんな僕を信じて
変わらず今も支え続けてくれている人達のことを、
僕は一生忘れないと思う。 

 




El que no se aventura,no pasa en la mar. 


 
 


別に僕の前で笑ってくれなくてもいいから、
僕がしたことによって少しでも
その人の人生に種が足される。
 
それが実って、
10年後50年後に感謝してもらえる。
 
そんな人間になりたいなって思います。
 
 
 
精進します。
 
 
 
 
 

<2010年4月・HIVと共に生きる子供と一緒に>
 
 
 
 
 
光一
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============