*小川光一出版情報*

*小川光一出版情報*

*小川光一 出版情報*

2012-03-08

何年経とうと真摯に。

※旧ブログ「光を束ねて。」(アメブロ)に
2012年投稿された記事の中から一部を転載しております。




小川光一です。

一昨日まで九州に居たはずの僕はいま、雪景色を眺めています。




震災からもうすぐ1年。

日本中でたくさんの動きがある。

全国で色々なイベントが開催されるのはいいとして、

「3月11日、被災地に行ってメッセージを届けます!」
「3月11日、被災地に行って力になれることを探してきます!」

こんな声をよく聞く。


なんでこの時期じゃなきゃいけないのか、とても理解に苦しむ。


11日を前にして数万に及ぶ一周忌の法事が東北じゅうで行われるし、
11日当日ももちろん、
部外者の人間が現地にいるなんてどうしても意味が分からない。




とか言ってる僕はいま東北に向かう車の中に居ます。

もうすぐ陸前高田です。


ドキュメンタリー映像の制作の話を受けていて、
今回3/8~3/12で取材撮影を行います。

矛盾を孕んだ僕でいることが凄く申し訳ないけど


ひたすら真摯に。


東北の未来のためにビデオカメラを握り続けたいと思います。





震災当初から変わらずにある気持ちは

自分がどう感じるかに頭がいって、それに反応して動くんじゃなくて

震災被害を受けた地域の方々のために、一番すべきことをするということ。


自分をないがしろにして沢山の人に怒られてきたけど、これが俺の貫きたい人生の形だから。


新しい形で進み始めたみんつな

ドキュメンタリー映画制作


この2つに全身全霊を懸けて
東北いる方々の力に
微力でもなれたら幸いです。




一年前の今日は
カンボジアエイズドキュメンタリー
「それでも運命にイエスという。」
日本一周上映会

の真っ只中、長野県に居た。

10日の夜に新潟上映を終え、
11日に東京に帰る予定だったところを何を思ったか無理矢理10日の夜中に車を走らせた。

もし新潟で足止めを喰らっていたら、
僕は震災翌日にみんつなを作っていなかったかもしれない。



全ての刹那に感謝して。

これからも1つ1つの縁を結いていきます。


光一
      ============
        僕の執筆した本が現在出版中です! よろしくお願いします!
 
 
 
  ① 『あの街に桜が咲けば』小川光一著
「津波の最高到達点に桜の木を植える人々の記録」「彼らの命のメッセージを伝えるために全国各地を飛び回る僕の奮闘記」がミックスされたドキュメント本です。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
 
②『いつ大災害が起きても家族で生き延びる』小川光一著
かわいいネコたちと一緒に学ぶ防災対策本。いざという日に備えて今できることは何か、大切な人と一緒に知っておいて欲しい防災の知識をまとめたものになっています。全国書店にて(※Amazon等でも購入可能です)。
 
 
 
 
 
③『雨宿りはパレード~ウガンダ共和国は幸せの見つけ方を教えてくれた~』小川光一著
ウガンダ共和国のホームスクールに7年間通い、その生活体験を綴ったエッセイ本です。ふざけて書いたり、大真面目に書いたり、僕の喜怒哀楽が詰まってます。Amazonにて販売中(※「オンデマンド」というのが紙の本です)。
 
 
 
 
============